土居珈琲通販

土居珈琲がマズイわけがない理由

土居珈琲のような自家焙煎珈琲は、珈琲豆の特製を最大限生かせるように焙煎士が丹精込めて豆を選別焙煎しているので不味いわけがありません。
土居珈琲の通販 人気銘柄セット

自家焙煎珈琲 土居珈琲が美味しいわけ

栽培農家との信頼関係が大事

自家焙煎とは、コーヒー豆の産地より生豆を仕入れて、自分のところで焙煎する珈琲のこと。
私の近所の個人経営の自家焙煎のコーヒーのマスターも、はるばる海外まで出かけて行って、 直接コーヒー農家と契約した豆を仕入れています。

土居珈琲の通販 自家焙煎珈琲の生豆
土居珈琲さんも、直接農家まで出向いて、農家と直接契約されているようですね。 現地に出向いて仕入れることで、農家との信頼関係もできて、よい豆を提供してくれるようです。
何よりも、直接交渉することで、単一農園の銘柄を確実に入手できることが、 コーヒー豆の品質維持のためには必要なことだからです。

豆にはその豆の特性に合った焙煎方法がある

珈琲豆は、その産地により豆の特性も違っています。
同じ生産地でも農園ごとに違いはありますが、 コロンビア豆は豊かな香りと心地よい酸味、 ブラジルは上質な酸味と甘み、 エチオピア(モカ)は、コーヒー特有の心地よい香りとコク、 ガテマラは、ナッツ系のコクと香り甘味のバランス、 マンデリンは、重厚なコクと甘みと苦みのバランスなど、 その豆特有の性質があるのです。

土居珈琲の通販 自家焙煎珈琲の焙煎方法
焙煎士の土居さんは、その豆の特性を十分に引き出すように、豆ごとに浅炒り、深炒りを判断、 水抜きの工程や火を入れるタイミング等、感覚を信じて、絶妙なローストを行うのです。

珈琲豆は、火を入れた瞬間から酸化が始まります。
土居珈琲では、焙煎して保管しておいたコーヒー豆ではなく、ご注文いただいてから焙煎しお送りしています。

一粒一粒、人の眼でコーヒー豆を選別する

土居珈琲の通販 自家焙煎珈琲豆の選別
生豆の選別はもとより、焙煎した豆も選別は欠かせません。
特に焙煎された豆は、機械での選別がむつかしいために、職人が一粒一粒、人の眼でコーヒー豆を確認しながら選別(ハンドピッキング)するのです。

未成熟豆や欠け豆などの不良豆が、珈琲にエグ味や渋味といった不要な味を出すからです。 この選別作業も、よいコーヒー豆を焙煎する絵での重要な作業なのです。

美味しい珈琲は、淹れる人を選ばない

珈琲は、最後のコーヒーを入れるところが目立つために、一番重要な作業のように思われがちですが、 珈琲を淹れる作業は、美味しいコーヒーにとって重要ではありません。

作業手順として、蒸らす時間などは必要ですが、珈琲のおいしさは、入れる前に決まっているのです。
誰が、どのように淹れても美味しい珈琲になるように焙煎するのが、焙煎士の腕の見せ所なのです。

だから、土居珈琲の珈琲は、誰が淹れても美味しいコーヒーになるのは、当たり前なのです。

土居珈琲の通販 美味しい自家焙煎珈琲
できれば、コーヒー豆は豆のまま購入していただいて、入れる直前に挽いてください。 そして、できるだけ新鮮な豆を使うことです。焙煎したコーヒー豆は生鮮食料品なのです。

そうすれば、どのように淹れても、美味しいコーヒーを飲むことができるでしょう。

土居珈琲の通販「人気銘柄セット」

土居珈琲さんでは、人気の2銘柄を飲みやすい100gの量で分けてくれる「人気銘柄セット」があります。
100gの少量パックなので、新鮮なうちに早めに消費できるようになっています。

できれば豆のままご注文ください。粉の場合は、さらに早めに使われることをお勧めします。

誰でも美味しいコーヒーが淹れられます
土居珈琲通販 人気銘柄セット
   

土居コーヒー通販

その他の記事


土居珈琲通販 人気銘柄セット トップに戻る